わたしたちの談活

わたしたちの談活プロジェクト!

談活とは…談話、談笑ができる座談会を開催する活動のことで、プロジェクトのために考えた造語です。

お知らせ

2022.10.21
まちの談活事例集について更新しました
めばえの談活

すべての住民が、地域福祉に関するテーマを設定し、気軽に自由に語り合える場。

まちの談活

地域活動者を中心に、身近な地域の課題について語り合える場。

むすびの談活

福祉に関わる専門職が集まり、課題について語り合える場。



めばえ談活

  「福祉」「ボランティア」に関心を持っている方や、「何かしてみたい」と思っている方をテーマや目的を決めて学び・語り合う機会をつくり、地域活動の担い手となる人づくりを目指します。

令和3年度はボランティアを始めるきっかけづくりのためにボランティアとは何か、ボランティア活動をしている方へのインタビュー等の動画配信を行っております。

ボランティアきっかけ講座

ボランティアニュース
~あなたにもできるボランティア~
オープニング

ボランティアに関する情報や知識をしっかりキャッチできるニュース番組!
ボランティアとは何?どんな事がボランティア?など、詳しくは動画をチェックしてください
▶1:オープニング
▶2:にほんご教室「世界はテマン」
▶3:男山A地区自治会福祉部「つどい花」
▶4:エンディング
動画を視聴された方は♡を押してください。
感想などはメールフォームをご利用ください。
  

ボランティアきっかけ講座

にほんご教室「世界はテマン」

何か特別なスキルがないと何もできない!?
あなたの固定概念を破ったその先にやりがいに満ち溢れた世界が待っている・・・

▶1:オープニング
▶2:にほんご教室「世界はテマン」
▶3:男山A地区自治会福祉部「つどい花」
▶4:エンディング

動画を視聴された方は♡を押してください。
感想などはメールフォームをご利用ください。
  

ボランティアきっかけ講座

男山A地区自治会福祉部「つどい花」

日常の活動の中にどこか古き良き日本の姿がそこにあった・・その温かさに触れること、まさかそれがボランティアになるとは・・・

▶1:オープニング
▶2:にほんご教室「世界はテマン」
▶3:男山A地区自治会福祉部「つどい花」
▶4:エンディング

動画を視聴された方は♡を押してください。
感想などはメールフォームをご利用ください。
  

ボランティアきっかけ講座

ボランティアニュース
~あなたにもできるボランティア~
エンディング

動画をご覧になって、何かを始めたいと感じた方が次にどうすればいいのか、ニュース番組内で情報をキャッチすることができます!
▶1:オープニング
▶2:にほんご教室「世界はテマン」
▶3:男山A地区自治会福祉部「つどい花」
▶4:エンディング
動画を視聴された方は♡を押してください。
感想などはメールフォームをご利用ください。
  



令和2年度

令和2年度はボランティアを始めるきっかけづくりのためにボランティアとは何か、ボランティア活動をしている方へのインタビュー等の動画配信を行っております。

ボランティアきっかけ講座

「ボランティアって何??」

  めばえ君はボランティアについてわからず、来る日も来る日も悩んでいるとボランティアコーディネーターのゴリさんが現れました。
  ゴリさんに教えてもらいながら、めばえくんはボランティアについて学んでいきます。

感想などはメールフォームをご利用ください。
  

ボランティアきっかけ講座

「ボランティア活動者ドキュメント」

  おもちゃ病院やわた代表内藤暁氏に数日間にわたりお話を伺いました。
  ボランティアのきっかけ、やりがいなどもお聞きしつつ、普段の様子も交えながら、ボランティアとはについて話していただいています。

動画を視聴された方は♡を押してください。
感想などはメールフォームをご利用ください。
  

ボランティアきっかけ講座

「さぁやってみよう!」

  ゴリさんにボランティアについて学んでいためばえ君も、ボランティアに興味を持ち何かしようと考えますが、どうしたらよいのかわかりません。
  そんな時はどうすればよいのかゴリさんは一つのアドバイスをします。

動画を視聴された方は♡を押してください。
感想などはメールフォームをご利用ください。
  



令和元年度
大人対象ボランティア体験ゼミナール開催しました

  「福祉」「ボランティア」に関心を持っている方、「何かしてみたい」と思っている方に学び・語り合う機会づくりを行いました。
  「大人対象ボランティア体験ゼミナール」と題し、市内で活動するボランティア団体に協力いただき、ボランティア体験から感じたこと等を、参加者同士で話し合いました。
  今回の体験をきっかけに実際にボランティア活動を始められた方や参加者同士で新たなつながりが生まれました。



平成30年度

  今回は『防災』をテーマに2回連続開催しました。地震の被害による困りごとやこれから取り組みたいことを共有したことにより、「我が事」ととらえ、ふだんの暮らしの中で地域とのつながりの大切さを改めて考えるきっかけとなりました。



まちの談活

まちの談活事例集について

  八幡市と八幡市社会福祉協議会では、平成30年4月から、よりよい地域をつくるための住民同士の話し合いの場である座談会の開催を進める『わたしたちの談活』プロジェクトに取り組んでおります。その取組の一環として、地域活動者を対象とした「まちの談活」を進めてきました。取組を進めた地域以外の方にも「まちの談活」を知っていただくため、座談会を行った4地区の事例をまとめた小冊子を作成しました。

●座談会を開催した4つの地区の取組を掲載し、地域の住民が自然と集まり交流が生まれる取組などを紹介しています。
●「まちの談活」の進め方のステップや地域の現状の共有の仕方なども紹介し、他の地域で座談会を行う際に活用いただけるものにしています。
●新型コロナウイルスの流行に伴い、地域住民が集まって話し合いを行うことが難しい状況が続いていますが、その中でも続けられている活動を紹介しています。

⇒まちの談活事例集はダウンロードできます(PDF)




令和元年度

  地域住民や自治会、民生児童委員、福祉委員会、老人クラブなど地域活動者が集まり地域の課題や想いについて話し合いながら、よりよい地域にするための取組を支援します。
  長町樋ノ口地区では、「もしもの時、誰に相談すればいいのかわからない」という課題から、相談先一覧を作成し地域に配布をしました。
また地域のもちつき大会では、相談先一覧のについて街頭アンケートを実施し多くの方に保存・活用されていることがわかりました。

平成30年度

  地域住民や自治会、民生児童委員、福祉委員会、老人クラブなど地域活動者が集まり地域の課題や想いについて話し合いながら、地域の必要なことに取り組むことを目指します。
  1年目は男山A地区と長町樋ノ口地区でモデル地区としてはじめました。男山A地区では、住民交流の場が必要ということで談活を通じて、住民の健康増進と交流を目的としたラジオ体操をはじめ、体操後は参加者がお茶を飲みながらおしゃべりできる場ができました。



むすびの談活

令和元年度

福祉に関わる専門職が現状や課題を情報共有し複雑な課題の解決ができる関係づくりを目指します。
 談活を開始し、2年目となる今年度からは、教育分野・医療分野で活躍する福祉専門職にも参加していただき、情報共有の在り方や架空の事例検討を通じて家族全体を支援していくために専門職間や地域との連携について意見交換を行いました。

平成30年度

  福祉に関わる専門職等が福祉の現状や課題を情報共有しながら、一緒になって複雑な課題の解決ができる関係づくりを目指します。
  連携・協力の体制づくりには、お互いがどんな取組をしているのかを知ることがまず大切になります。そこで八幡市市内の高齢者、児童、障がい者、生活困窮者の相談支援を行っている専門職が集まりお互いの事業や取組について紹介し合いました。

ページのトップへ戻る